“価値ある情報に触れる環境づくり”をモットーに、価値観の更新・人材育成を支援する「オフィス書店」のサービス。
現在多くの企業様にご利用いただいております。
また、企業様だけでなく個人様向けもご用意しております。

その中で、ご利用いただいている企業様からのお声を一部ご紹介させて頂きます。

「社員のビジネスレベルを上げたい」「会社の生産性を上げたい」「社員教育が追いついてない」…
こんなお悩みをお持ちの社長、人事担当者、教育管理者の皆様にお力添えするサービスです。

詳しくは下記サービスサイトもご覧ください。
https://office-shoten.com/

オフィス書店

「ハラスメント」とは、相手の意に反する行為によって不快な感情を抱かせることであり、「嫌がらせ」を指します。 行為者がどう思っているのかは関係なく、相手が不快な感情を抱けば「ハラスメント」となります。

「キメハラ」

近年さまざまなハラスメントが問題になっていますが、先日「キメハラ」という新しいハラスメントについてのニュース記事をみました。人気漫画の「鬼滅の刃」の映画が公開され社会現象となる中、「鬼滅の刃ハラスメント」を略した「キメハラ」という言葉が誕生したそうです。

具体的には、鬼滅の刃を見ていない人への押し付けや、鬼滅の刃をおもしろいと思わない、あるいは興味がない人を否定するような言動が「キメハラ」と呼ばれているようです。「キメハラ」についてはさまざまな意見あり、なんでもハラスメントに入れてしまうと、本当になくなるべきパワハラやセクハラのイメージが軽いものになってしまいそうで心配という声もあるようです。

パワーハラスメント防止対策の義務化

厚生労働省のホームページにハラスメントについて以下のように記載がありました。

令和元年6月5日に女性の職業生活における活躍の推進等に関する法律等の一部を改正する法律が公布され、労働施策総合推進法、男女雇用機会均等法及び育児・介護休業法が改正されました(令和2年6月1日施行)。
本改正により、職場におけるパワーハラスメント防止のために、雇用管理上必要な措置を講じることが事業主の義務となります。

また厚生労働省公式YouTubeチャンネルにて、令和2年6月1日の改正法の施行に伴い、職場におけるハラスメント関係法令の改正内容について説明している動画がご覧いただけます。

この機会に、社内のハラスメント防止対策について見直してみてはいかがでしょうか?

「読書=良いこと」というのはみなさん共通の認識だと思います。また、読書には様々な効果があるのもご存知だと思います。知識が増える、集中力が増す、ストレスが解消する、教養が磨かれるなど、様々な効果があると言われていますが、今回は読書とコミュニケーション能力の関係について考えてみたいと思います。

文脈理解力

読書で一番鍛えられる能力が「文脈理解力」とも言われています。

本を読んでいる時は、「話の流れ」や「状況」、「この考えからこういう結論にいたっているんだな」といった具合に、常に頭を働かせていないと本を読むことはできません。無意識に一つ一つの文脈を理解できるまで粘り強く思考し続けています。

「思考の粘り」が鍛えられると「文脈で考えられる人」になります。仕事でもプライベートでも、コミュニケーションの場で常に人の発言を文脈の流れのなかで理解し、文脈に沿って発言できるようになります。

こういう「文章理解力」は、文字でしか鍛えることができません。言葉が途切れ途切れに連なる活字を読み続けることが「思考の粘り」を鍛えることに繋がります。

コミュニケーション能力

「文章理解力」がない人は、文脈で考えられない為に状況が理解できないといったことが起こり、ちぐはぐなコミュニケーションに陥ることがあります。文脈を理解しないで話すので、どこか唐突な感じがして、「しゃべりづらいなあ」と思われてしまいます。

一方で、知り合って間もないのに、気がついたら深い話をする間柄になっている場合もあります。もちろん相性の良し悪しとか、考え方・価値観が似ている、といったこともあるでしょう。でもそれ以上に大きいのは、互いの知的好奇心を刺激し合えるかどうか、だと思います。「教養をバックボーンにしたおもしろい話」ができると、お互いの距離をグッと近づけることが出来ますね。教養を育むのに読書ほど適した“トレーニング・ツール”はないと思います。

読書によって文章理解力が鍛えられ、相手の文脈の流れを理解し、文脈に沿って発言できるようになり、コミュニケーションがスムーズに。さらに、読書によって教養が磨かれ、相手の興味引き、より深いコミュニケーションをとることが出来るようになります。

人材派遣の場においても、コミュニケーション能力を問われることが多くなっています。この機会に読書習慣を身につけてみてはいかがでしょうか。